2017/11/28 08:00

『(500)日のサマー』監督、今度はNY舞台大人のラブストーリー!来年4月公開へ

マーク・ウェブ監督作、今度は大人のラブストーリー in NY! (C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
マーク・ウェブ監督作、今度は大人のラブストーリー in NY! (C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

 映画『(500)日のサマー』『gifted/ギフテッド』などのマーク・ウェブ監督最新作『The Only Living Boy in New York(原題)』が、2018年4月より日本公開されることが明らかになった。

 Maroon 5 やWeezerなど数々のアーティストのミュージックビデオを手掛け、映画監督デビュー作『(500)日のサマー』ではこだわりの音楽に合わせてちょっぴりほろ苦くユニークな恋愛コメディーを完成させ、一躍多くのファンを獲得したたウェブ監督。その後、ヒーロー大作『アメイジング・スパイダーマン』シリーズを手掛け、現在、家族の素晴らしさを描いた感動作『gifted/ギフテッド』が日本で公開中だ。そしてこの度、公開が決定した本最新作は、ニューヨークを舞台に、原題と同じサイモン&ガーファンクルの名曲「The Only Living Boy in New York」にのせて贈る大人のロマンティックラブストーリー。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >