2017/12/01 21:48

クリスチャン・ベイル主演西部劇、あの日本人撮影監督も参加

クリスチャン・ベイルと再タッグを組んだスコット・クーパー監督
クリスチャン・ベイルと再タッグを組んだスコット・クーパー監督

 クリスチャン・ベイルが西部劇に挑戦した話題作『ホスタイルズ(原題)/ Hostiles』について、スコット・クーパー監督が、11月27日(現地時間)、ニューヨークの近代美術館(MOMA)で開催された特別試写後のQ&Aで語った。

 本作は、1892年を舞台に、伝説の陸軍大尉ジョセフ(クリスチャン)が、死に瀕したシャイアン族の酋長とその家族を、部族の所有地まで護衛していくというストーリー。ジョセフは厳しい自然や敵対するコマンチ族に直面する中、道中に出会う女性ロザリー(ロザムンド・パイク)に惹かれていく。『クレイジー・ハート』『ブラック・スキャンダル』のクーパー監督がメガホンを取った。

 共同脚本家の ドナルド・スチュワートさんが、1999年に亡くなっていることについてクーパー監督は、「『ブラック・スキャンダル』の製作後に、エージェントから電話を受けたんだ。彼によると、スチュワート夫人が僕の作品を好きで、その中でも特に今作と同様にクリスチャンが主演した『ファーナス/訣別の朝』を気に入っていたそうなんだ。彼女は引っ越し中に、あるダンボール箱の中に西部劇の原稿を見つけたと言っていてね。僕は長年、西部劇を手掛けたかったんだけど、できていなかったから、その脚本を送ってもらうことにしたんだ」と制作の経緯を語った。また、ロッキー山脈を越える旅という、精神的にも、心理的にも辛いものが、映画に適しているとも思ったそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気のおけない仲間と過ごすと、いい刺激がありそう。未来を開く...もっと見る >