2017/12/04 05:26

篠田麻里子、「苦痛でしかなかった」女優に開眼

悪女役で女優開眼!
悪女役で女優開眼!

 AKB48を卒業して約4年、ファッションモデル、タレントとして活動するその一方で、映画、ドラマ、舞台など、女優業にも力を注いできた篠田麻里子。地道に努力を積み重ねたその成果が、最新映画『ビジランテ』(12月9日公開)の悪女役で大きく実を結ぼうとしている。「女優として、全てをさらけ出す覚悟ができた」と意気込む篠田が、芝居に対する意識の変化、さらにはアイドル時代に学んだ自身のブレない生き方について真摯に語った。

年初めに体当たりで演じた悪女

 本作は、『SR サイタマノラッパー』シリーズなどの入江悠監督が、故郷・埼玉県深谷市を舞台にしたオリジナル脚本を自ら映画化した衝撃ドラマ。父親の死をきっかけに、失踪していた長男・一郎(大森南朋)、市議会議員の次男・二郎(鈴木浩介)、風俗店経営者の三男・三郎(桐谷健太)とバラバラだった3兄弟が再会したことで、それぞれの思いがぶつかり合い、やがて破滅的な運命へと堕ちていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >