2017/12/06 06:35

ブライアン・シンガー監督クビ!クイーン伝記映画に波乱

クビになったブライアン・シンガー監督 Mark Davis / Getty Images
クビになったブライアン・シンガー監督 Mark Davis / Getty Images

 ブライアン・シンガー監督(『X-MEN』シリーズ)が、伝説的ロックバンド・クイーンのフレディ・マーキュリーを描く伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ(原題) / Bohemian Rhapsody』をクビになった。米20世紀フォックスが「ブライアン・シンガーはもはや『ボヘミアン・ラプソディ(原題)』の監督ではありません」と The Hollywood Reporter に認めた。

 同作においては先日、シンガー監督がロンドンの撮影現場に来なくなったことから、撮影が一時中断となっていることが明らかになったばかり。The Hollywood Reporter によると、今回のクビは、シンガー監督とフレディ・マーキュリー役のラミ・マレック(テレビドラマ「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」)の衝突が激しくなったことと、シンガー監督の予期せぬ不在が原因だという。シンガー監督不在の間は、撮影監督のニュートン・トーマス・サイジェルが代理を務めており、ラミはスタジオに、シンガー監督はプロ意識に欠け、信頼できないと訴えていたとのこと。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >