2017/12/05 18:47

来日中ケネス・ブラナー「ナイルに死す」映画化にやる気満々!

次回作「ナイルに死す」映画化では口ひげにも迫る!? (C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation
次回作「ナイルに死す」映画化では口ひげにも迫る!? (C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation

 アガサ・クリスティの傑作ミステリーを映画化した新作『オリエント急行殺人事件』(日本公開12月8日)で主人公の名探偵ポアロ役&監督を兼任したケネス・ブラナーが来日中。先日、続編としてクリスティの「ナイルに死す」映画化が進められていると海外メディアで報じられていたが、ケネスは同企画にかなりの意欲を見せた。

 かの有名な原作を、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、デイジー・リドリー、ジュディ・デンチ、ペネロペ・クルスら現代のオールスターで映画化し、話題となっている本作。製作費5,500万ドル(約60億5,000万円)に対し、全世界興行収入で約2億3,820万3,041ドル(約262億233万4,510円)を稼ぎ出す好成績を収めている(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)。

 それだけに、続編について大きく報じられたが、ケネスが関与しているかについては明かされておらず。しかし、現在来日中のケネスは「(続編は)本当だよ」と認め、「僕はアイルランド人で迷信深いタイプだからね(笑)。いま取り組んでいて、とても光栄なことだから喜ばしい。本作が世界的に興行成績も上手くいっていて、イギリスでは本当にたくさんの人が本作を観に足を運んでくれているんだ。他にも優れた作品がたくさん公開されている中で、4~5週間も劇場公開されているなんて奇跡だね。それに劇場には年配の方だけでなく、若者もいる。それがすごくうれしかったよ。20代前半の姪がいるんだけど、彼女はストーリーを知らなかったもんだから、観終わったあと『ハッ!』ってあっけにとられていたよ。あんな結末が待っているなんて、本当に信じられなかったようだったね!(笑)」と意気揚々。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >