2017/12/08 08:03

ジョニデの名演&鉄道ディテールがたまらない!『オリエント急行殺人事件』新たな魅力

ジョニー・デップふんするラチェットがものすごくいい! (C) 2017Twentieth Century Fox Film Corporation
ジョニー・デップふんするラチェットがものすごくいい! (C) 2017Twentieth Century Fox Film Corporation

 ミステリーの女王、アガサ・クリスティの作品の中でも傑作として名高い「オリエント急行殺人事件」。今回の映画化も話題を集めているが、1934年に発表され、現在までこの物語が多くの人を惹きつけて止まない理由は何か? 

 そのひとつが、ほとんどすべての登場人物が同等レベルで殺人の容疑者として疑われる点だろう。深夜、大雪で立ち往生した列車内で一人の乗客が殺され、他の乗客全員と車掌に対し、名探偵エルキュール・ポアロが「灰色の小さな脳細胞」をフル稼働させ、真実を引き出していく。ほぼ全キャラに見せ場があるので、これほどオールスターキャストがふさわしい作品も珍しい。今回の映画化でも、自ら監督と主人公のポアロ役を兼ねたケネス・ブラナーを中心に、原作の表現と各スターの持ち味が巧みにブレンドされ、新たに魅力的なキャラクターが創造された。物語を知っている人も、この点は心から楽しめるはずだ。

 ケネス・ブラナーのポアロは従来のイメージから少しばかり飛躍し、原作にはない冒頭シーンからステッキを使ったアクション系のテクもみせ、このあたりは現代の映画らしいエンタメ的な爽快感。そしてキャストで突出した存在感を放つのは、ジョニー・デップだ。アメリカ人の富豪で、殺害されるラチェットを演じているのだが、狡猾な表情と冷酷な口調に、女性への野獣系フェロモンも隠さず、一方で命を狙われる怯えをにじませる。殺されるほどの悪漢にどこか人間くささを加味するのは、ジョニーらしいアプローチだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >