2017/12/09 22:51

今年の映画トップ10!『ワンダーウーマン』など 米AFIが発表

12月7日、アメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)は今年のトップ10作品を発表し、映画部門では『ワンダーウーマン』などが選ばれた。写真は5月、ロサンゼルスで開かれた『ワンダーウーマン』のプレミアに出席したガル・ガドット (2017年 ロイター/Mario Anzuoni)
12月7日、アメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)は今年のトップ10作品を発表し、映画部門では『ワンダーウーマン』などが選ばれた。写真は5月、ロサンゼルスで開かれた『ワンダーウーマン』のプレミアに出席したガル・ガドット (2017年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ロサンゼルス 7日 ロイター] - アメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)は、2017年の映画部門とテレビ部門のトップ10作品を発表し、映画部門ではスーパーヒーロー作品『ワンダーウーマン』や戦争映画『ダンケルク』などが選ばれた。

 このほか、報道の自由を描いたスティーヴン・スピルバーグ監督作『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(日本公開2018年3月)、サイコスリラー『ゲット・アウト』、男性同士の恋愛を描いた『コール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題)』、ロマンティックコメディー『ザ・ビッグ・シック(原題) / The Big Sick』などが選出された。

 AFIは10作品が選ばれた理由について、映像芸術を発展させ、米国の芸術形式の豊かな文化遺産に貢献し、視聴者やアーティストなどにインスピレーションを与え、米国社会に功績を残した、と説明した。

 米映画界では来週にゴールデン・グローブ賞と米映画俳優組合員賞(SAG賞)のノミネートが発表される予定で、ハリウッドの賞レースが本格化する。米アカデミー賞のノミネートは来年1月に発表される。

 AFIはテレビ部門では、HBOのファンタジー・ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」や、マーガレット・アトウッドの小説「侍女の物語」を原作とするHulu(フールー)のドラマ「ザ・ハンドメイズ・テイル(原題) / The Handmaid's Tale」などを選んだ。

【関連情報】
最強美女戦士!『ワンダーウーマン』フォトギャラリー
『ワンダーウーマン』続編、公開前倒し!『スター・ウォーズ』を避けるため
すごいラインナップ!~2020年に公開されるスーパーヒーロー映画一覧
【予告編】ジャーナリストたちの命懸けの戦い『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
デル・トロ『シェイプ・オブ・ウォーター』最多!放送映画批評家協会賞ノミネーション
作品賞は男同士の恋を描いた『コール・ミー・バイ・ユア・ネーム』L.A.映画批評家協会賞

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >