2017/12/12 06:00

大門、余命3か月「ドクターX」細い体は伏線だった!

大門未知子、倒れるーーー (C)テレビ朝日
大門未知子、倒れるーーー (C)テレビ朝日

 米倉涼子主演の大ヒットドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の第5シリーズでは、米倉ふんする大門未知子が、通常に輪をかけたスレンダーなスタイルを保っていることがファンの間でうわさになっていたが、この体形こそ今シリーズの設定を再現するための役づくりであったことが明らかになった。14日に放送される最終話では、大門が余命3か月の状態に陥っている設定になることが公表された。

 先週放送された第9話のラストで大門未知子(米倉)が倒れる……という衝撃の展開を見せた本作。そして最終話では、大門が後腹膜肉腫を患い、余命3カ月であることが発覚するというショッキングな事実が判明する。演じている米倉自身「この展開について知ったのは、今シリーズの撮影中盤だった」とのことで、「視聴者の方々にどう見せていくべきか悩んだ」という。

 その結果、米倉は「具合が悪いという予兆が見えては面白さが半減してしまう。立ち居振る舞いはあくまで元気なままにして、体型だけは細めを維持しよう」と決意。細めの体型を維持してドラマの撮影に臨んだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >