2017/12/12 18:50

スタローン監督降板!『クリード』続編に新鋭が抜てき

映画界で若い才能を育てようとするスタローンかっこよすぎ Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ
映画界で若い才能を育てようとするスタローンかっこよすぎ Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ボクシング映画『クリード チャンプを継ぐ男』の続編で、当初予定していたシルヴェスター・スタローンに代わって、新鋭スティーヴン・ケープル・Jrが監督を務めることが明らかになった。Deadlineが報じている。

 『クリード チャンプを継ぐ男』は、スタローンが演じた『ロッキー』シリーズのロッキーが、ライバルのアポロ・クリードの息子アドニスと再びボクシングの世界に身を投じるさまを活写。前作の出来の良さから続編にも期待が高まっており、今年10月にスタローンは自らメガホンを取るとInstagramで発表していたが、そうではなくなったようだ。

 同サイトによると、スタローン自ら監督の座を譲ると決断を下したそうで、「アドニス・クリードは今の世代を反映している。このストーリーを共感できるものにするため、僕がかつてそうであったように、監督がその世代であることが重要だと考えている。若く、才能に溢れたスティーヴン・ケープル・Jrが監督を引き受けてくれたことをとても幸運に思っている。彼と(主演の)マイケル・B・ジョーダンなら大成功を収めてくれるだろうと確信しているよ」とコメントを寄せている。

 大役を任されたスティーヴンは、主に短編映画やテレビシリーズなどを手掛け、2016年に『ザ・ランド(原題) / The Land』で長編映画監督デビューを果たしたばかりの新鋭。本続編は3月にも米フィラデルフィアで撮影を始めるとのこと。2018年11月21日全米公開予定。(編集部・石神恵美子)

【関連情報】
ロッキーとクリードの息子がタッグ!【画像】
シルヴェスター・スタローン、マーベル作品参加は『ランボー』より最高とぶっちゃけ!
『クリード』続編やっぱりドラゴ息子参戦か!そっくり格闘家がやる気
シルヴェスター・スタローン、ゴールデン・グローブ賞初受賞!「ロッキーにありがとう」
次代を担うハリウッド上昇株!注目の黒人俳優を探せ!
シュワちゃん、スタローンなしの『エクスペンダブルズ』には出演しない意向

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >