2017/12/13 02:00

最速レビュー!『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はサプライズの連続、心がアツクなる

心に訴える感動がある『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 (C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
心に訴える感動がある『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 (C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 そうだった、そもそも『スター・ウォーズ』は“希望”を描く物語だった。登場人物たちの熱い思いが感情を揺さぶる映画だった。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、そんなこのシリーズの原点を思い出させてくれる。

 とはいえ、ここでその例を具体的に紹介することはできない。本作には“ああ、これを知らない状態で映画が観られて本当によかった”と思うようなサプライズがいくつもあり、それに触れるわけにはいかないからだ。だから紹介しようとすると抽象的になってしまうのだが、それでも本作の魅力を紹介せずはいられない。

 まず一番の魅力は、心を熱くする映画になっていることだ。何度も感情を揺さぶられる。これは本作が、本シリーズの魅力の原点に立ち返り、それを継承しているということだろう。

 本作が感情を直撃する理由のひとつは、登場人物たちの人物像が鮮やかに描写されているからだ。前作では人物はほとんど経歴や職務しか描かれなかったが、今回は違う。主人公レイが何を望んでいるのか、元ストームトルーパーのフィンが何を大切にしているのか、ファースト・オーダーに加わったカイロ・レンは何を目指しているのか、レジスタンスの名パイロット、ポー・ダメロンはどんな性格なのかが描かれる。ルークやレイアの現在の心境も明らかになる。また、新登場する3人、謎の人物DJ、レジスタンスのメンテナンス係ローズ、レジスタンスの幹部ホルドの性格や価値観もよくわかる。彼らがどんな人物でどんな感情を抱いているのか描かれるから、ドラマが熱い。そしてその熱さが、このシリーズが“希望”の物語であることを思い出させてくれるのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >