2017/12/13 19:46

実写「銃夢」巨大な目は漫画文化への敬意 ハリウッド版監督語る

大きな目には理由がある(YouTube『アリタ:バトル・エンジェル(原題)』予告編のスクリーンショット)
大きな目には理由がある(YouTube『アリタ:バトル・エンジェル(原題)』予告編のスクリーンショット)

 ヒロインの目があまりに大きすぎると話題になっている、木城ゆきとの人気漫画「銃夢」のハリウッド実写版『アリタ:バトル・エンジェル(原題) / Alita: Battle Angel』について、監督のロバート・ロドリゲスがEmpireに対して、その理由を語っている。

 「銃夢」は、1990年代に「ビジネスジャンプ」(集英社)で連載されたSFバトルアクション。26世紀を舞台に、ガリィと名付けられた全身サイボーグの少女が、失った記憶をたどりながら戦いに身を投じていく。

 英語圏でも、主人公の名前がガリィからアリタへと変更された翻訳版でファンの支持を集めており、『タイタニック』(1997)『アバター』(2009)のジェームズ・キャメロンもその一人。長年にわたって実写化に取り組んできたが、『アバター』の続編シリーズで多忙を極めることから、自身はプロデュースにまわり、『シン・シティ』などのロドリゲス監督にメガホンをたくした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >