2017/12/14 10:37

スター・ウォーズ新三部作はアイデア段階 『最後のジェダイ』監督を直撃

次代の『スター・ウォーズ』を担う才能! ライアン・ジョンソン監督
次代の『スター・ウォーズ』を担う才能! ライアン・ジョンソン監督

 公開が迫る映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の監督・脚本を担当し、全く新たな三部作のクリエイターに大抜擢されたライアン・ジョンソン。誰も見たことのない“衝撃の『スター・ウォーズ』”を謳う本作については、すでにアメリカのプレミア上映に参加したファンや批評家からも、「歴代ベスト」と称賛する声もTwitter上に散見される。ジョンソン監督は、自身の作家性を発揮しつつ、今までにない『スター・ウォーズ』を生み出すことに成功したようだ。

 「僕は、とにかく素晴らしい『スター・ウォーズ』映画を作りたかっただけなんです」と笑うジョンソン監督は、「実際に映画を撮っているときは、自分の個性を出そうとか、そういうことは考えていません。無意識だったというのかな。ただ、みんながわくわくできる良質なストーリーを語りたい。それだけでした」と続ける。

 「ただ、映画というものは、作家それぞれのパーソナルな物であるべきだし、作り手によって違うものになるのは必然です。それは『スター・ウォーズ』も例外じゃない。(シリーズ2作目の)『帝国の逆襲』を撮ったアーヴィン・カーシュナーの作風は、1作目の『新たなる希望』を撮ったジョージ・ルーカスとは違いました。そもそも『スター・ウォーズ』自体、ルーカスのパーソナルな作品だったんです」。そう語るジョンソン監督にとって、ルーカスフィルムとの関係は理想的なものだったようだ。「彼らは最初から、この作品で僕のパーソナルな部分を見出せるように導いてくれた。素晴らしかった」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >