2017/12/15 20:28

忽那汐里が世界進出へまた一歩、アジアの次世代スター8人に選出!【第2回マカオ国際映画祭】

バイリンガルという強味を生かし活動の場を広げる忽那汐里
バイリンガルという強味を生かし活動の場を広げる忽那汐里

 第2回マカオ国際映画祭で14日、米Varietyが期待するアジアの次世代スター8人に贈られるアップ・ネクスト・アワードが発表され、日本から女優・忽那汐里が選ばれた。授賞式で記念のトロフィーを受け取った忽那は「最近なかなか日本ではニューカマーズの賞を頂けることがないので、別の国で受け取ることになり単純にうれしいです」と語り、笑顔を見せた。

 同賞は今年から新設されたもの。忽那は女優デビューして10年経つが、オーストラリアで育ったバイリンガルという強味を生かし、平柳敦子監督の日本・アメリカ合作映画『Oh Lucy!(オー・ルーシー!)』(来年ゴールデンウイーク公開)、ジャレッド・レトー主演『ジ・アウトサイダー(原題) / The Outsider』(来年米国公開)、さらにライアン・レイノルズ主演『デッドプール』の続編にも出演するなど、活動の場を広げている。

 本格的な海外進出のきっかけとなったのは、ヒロインを務めた『女が眠る時』(2016)で香港出身のウェイン・ワン監督と出会ったことが大きかったという。忽那は「ウェインとは英語でコミュニケーションを取りながら密に役を作ることができました。その後も海外の監督との仕事が続き、周囲からの『海外へ行ってみたら?』の声に押されて、行ってみようかなぁ? と思い始めました」と前向きな気持ちになったそうで、以降、積極的にオーディションを受けているという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >