2017/12/16 12:00

「ドラゴンボール」20作目の劇場版2018年公開!テーマはサイヤ人!

ついに20作目の劇場版! 今度はどんなバトルが展開する? (C)バードスタジオ / 集英社・東映アニメーション (C)東映・集英社・東映アニメーション
(C)バードスタジオ / 集英社 (C)「2013 ドラゴンボールZ」製作委員会 (C)「2015 ド
ラゴンボール Z」製作委員会
ついに20作目の劇場版! 今度はどんなバトルが展開する? (C)バードスタジオ / 集英社・東映アニメーション (C)東映・集英社・東映アニメーション (C)バードスタジオ / 集英社 (C)「2013 ドラゴンボールZ」製作委員会 (C)「2015 ド ラゴンボール Z」製作委員会

 人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる新作映画が、2018年12月に公開されることが決定した。前作『ドラゴンボールZ 復活の「F」』に続いて、原作者の鳥山明が原作・脚本・キャラクターデザインを担当。主人公・孫悟空のルーツでもある、宇宙最強の戦闘民族サイヤ人がテーマとなる。

 「週刊少年ジャンプ」連載の人気コミックを原作に、テレビアニメがスタートしたのが1986年。同じ年の「東映まんがまつり」から劇場版シリーズが始まり、クウラ、ブロリー、ボージャック、ジャネンバなど映画オリジナルの名キャラクターを生みだしてきた。

 2013年には、17年ぶりの新作『DRAGON BALL Z 神と神』が公開され、累計興行収入29億9,000万円のヒットを記録。2015年に公開された『復活の「F」』も興収37億4,000万円を記録し、その人気は現在放送中のテレビアニメ「ドラゴンボール超(スーパー)」につながった。(数字は配給調べ)

 20本目となる記念作品のテーマは、悟空やベジータたちサイヤ人。超サイヤ人、ゴッド、ブルーと進化を遂げてきた彼らの存在と、その強さの原点を描く。原作者の鳥山について、配給の東映は、「これまでにないほどのイメージイラストが上がってきており、本作への力の入れようがうかがえます」としており、そのクオリティーに期待がかかる。(編集部・入倉功一)

【関連情報】
【動画】前作『ドラゴンボールZ 復活の「F」』はLAプレミアも開催
「ドラゴンボール」声優・鶴ひろみさん スタッフが追悼 ブルマのイラストも
これは…氷川きよし「ドラゴンボール」のヒーローカードに
エズラ・ミラー「鋼の錬金術師」コスの真相!ちゃんと意味があった!
「ドラゴンボール」筋斗雲がクッションに!純粋さが試される?
野沢雅子、うなぎの声に初挑戦!かば焼きになるうなぎ

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >