2017/12/19 09:05

焦点:新生フォックス、キラーコンテンツは「生中継」

12月14日、「メディア王」ルパート・マードック氏(写真)率いるメディア大手21世紀フォックスは、映画・テレビなどの事業を524億ドルで米娯楽大手ウォルト・ディズニーに売却する。ロンドンの自宅前で2016年3月撮影 (2017年 ロイター/Stefan Wermuth)
12月14日、「メディア王」ルパート・マードック氏(写真)率いるメディア大手21世紀フォックスは、映画・テレビなどの事業を524億ドルで米娯楽大手ウォルト・ディズニーに売却する。ロンドンの自宅前で2016年3月撮影 (2017年 ロイター/Stefan Wermuth)

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 「メディア王」ルパート・マードック氏率いるメディア大手21世紀フォックス<FOXA.O>は、映画・テレビなどの事業を524億ドルで米娯楽大手ウォルト・ディズニー<DIS.N>に売却する。事業売却後の「新生フォックス」は大幅にスリム化するが、マードック氏はスポーツやニュースなど生放送番組の人気の高さに賭けている。

 スポーツ中継やニュース番組などの生放送は、視聴者の人気が依然として高い。また、放映後の作品をオンデマンドで楽しむ視聴者は増えているが、視聴時にコマーシャルをすべて飛ばしてしまうため、生放送番組には広告主からも引き合いがある。マードック氏が事業売却を決めた背景にはこうした事情がある。

 マードック氏は14日、投資家への説明会で、「断じて退却ではない。極めて重要なタイミングで方向を転換するのだ」と述べた。

 フォックスの経営幹部によると、映画、テレビ番組制作、海外事業などの売却で、フォックスの規模は現在の3分の1程度に縮小し、年間売上高は100億ドルほどとなる。売上高から見た1株の評価額が変わらなければ、新生フォックスの時価総額は少なくとも200億ドルだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >