2017/12/19 11:23

実話に基づくラブストーリー、なぜヒットする?

最終興収20億円超えを狙える好調な滑り出しを見せた『8年越しの花嫁 奇跡の実話』 (C) 2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会
最終興収20億円超えを狙える好調な滑り出しを見せた『8年越しの花嫁 奇跡の実話』 (C) 2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

 佐藤健&土屋太鳳のダブル主演による映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』が12月16日より公開され、週末興行ランキングで『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』に続く初登場3位にランクイン。土日2日間で約20万3,777人を動員、2億6,299万円の興行収入を記録し、最終興収20億円超えを狙える好調な滑り出しとなっている。岡山県の結婚式場がYouTubeにアップした1本の動画から広がった実話に基づく本作をきっかけに、過去の成功例を振り返りながら実話に基づくラブストーリーのヒットの要因を考察してみた(数字は配給、興行通信社、日本映画製作者連盟調べ)。

 結婚式を目前に、300万人に一人の発症率とされる病「抗NMDA受容体脳炎」に冒され意識不明に陥った麻衣さんと、その婚約者である尚志さんの悲劇と奇跡を描いた『8年越しの花嫁 奇跡の実話』。原作「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(著者:中原尚志・麻衣/主婦の友社)が11.4万部、ノベライズ版が累計22万部、コミカライズ版が8万部、3作品合計で42万部を突破するなど、映画公開前から関心度の高さがうかがえたが、映画はその期待に応えるかのようなスタッフ&キャストの気概が感じられる仕上がりだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >