2017/12/24 09:20

夏帆、清純派から脱却するまでの10年

近年、目まぐるしくイメージが変化する夏帆
近年、目まぐるしくイメージが変化する夏帆

 数多くの映画賞で高い支持を受け、いまだに多くの映画ファンから愛されている2007年公開の『天然コケッコー』の主演を務めてから約10年の歳月が経過した女優・夏帆。劇中でみせた圧倒的な透明感は当時話題になり、夏帆=清純派というイメージを強く植えつけることとなった。そんな夏帆だが、近年はそのイメージを脱却するかのような大胆な役柄にも挑み、演技の幅を広げている。この10年の間に、どんな気持ちの変化があったのだろうかーー。

 「10年前は子どもでしたからね」と苦笑いを浮かべながら語り出した夏帆。続けて「仕事に対する自覚も足りなかったと思いますし、女優という仕事を続けていくんだという強い意志もなかった。そもそもどうやってお芝居をしたらいいかもわからず、ただ環境に流されるままに現場に行っていたんです」と当時を振り返る。

 そんなとき、くらもちふさこの同名漫画を実写化する『天然コケッコー』という作品に主演として臨むことになり、演じることの気持ちに変化が生じたという。「とにかく現場が楽しかったんです。山下敦弘監督を含め、たくさんの素敵な出会いがあり、演じるというお仕事が好きになっていきました。仕事の面白さを教えてもらったという意味でも、ターニングポイントになった作品だと言えます」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >