2017/12/31 10:43

100年以上前に失踪の豪潜水艦、パプアニューギニア沖で発見

12月21日、第1次世界大戦中に消息を絶ったオーストラリア海軍初の潜水艦「AE-1」の残骸がパプアニューギニア沖で発見され、100年以上の時を経て豪海軍史上最古の謎のひとつが解明された。提供写真 (2017年 ロイター/Royal Australian Navy)
12月21日、第1次世界大戦中に消息を絶ったオーストラリア海軍初の潜水艦「AE-1」の残骸がパプアニューギニア沖で発見され、100年以上の時を経て豪海軍史上最古の謎のひとつが解明された。提供写真 (2017年 ロイター/Royal Australian Navy)

[シドニー 21日 ロイター] - 第1次世界大戦中に消息を絶ったオーストラリア海軍初の潜水艦「AE-1」の残骸がパプアニューギニア沖で発見され、100年以上の時を経て、豪海軍史上最古の謎のひとつが解明された。

 「AE-1」は1914年にドイツ艦船の監視活動中に35人の乗組員とともに姿を消し、第1次世界大戦における連合国側初の沈没船となったが、当時の状況はまったく不明だった。

 ペイン豪国防相は21日、記者団に豪海軍や民間団体が13回目の捜索でようやく場所を突き止めたと明らかにした。また、捜索船上で簡単な慰霊を行い、当局が乗組員の家族らに連絡をとっているという。

 残骸の発見場所は、デュークオブヨーク諸島沖という以外は明らかにされていないが、オーストラリアおよびパプアニューギニア政府はその場所の保存を計画している。

【関連情報】
【写真】彼女が世界を救う!第1次世界大戦が舞台『ワンダーウーマン』
空中戦もホンモノ!クリストファー・ノーラン、最も強烈な映画体験を約束する『ダンケルク』
トム・ハーディ、祖父は軍人だった…ダンケルクとのつながりを告白
タイタニック乗客から母への手紙、過去最高の約1,900万円で落札
薄毛&二重あごのゲイリー・オールドマン!驚異の役づくりでチャーチルに
戦争映画『ワイルド・ギース』リメイクへ

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >