2017/12/27 10:10

リドリー・スコット監督、最新作のワールドプレミアに出席

12月18日、米カリフォルニア州のビバリーヒルズでリドリー・スコット監督(右)の最新作『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』のワールドプレミアが開催され、スコット監督始め、出演俳優が顔をそろえた。左はクリストファー・プラマー (2017年 ロイター/Mario Anzuoni)
12月18日、米カリフォルニア州のビバリーヒルズでリドリー・スコット監督(右)の最新作『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』のワールドプレミアが開催され、スコット監督始め、出演俳優が顔をそろえた。左はクリストファー・プラマー (2017年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ビバリーヒルズ 18日 ロイター] - 米カリフォルニア州のビバリーヒルズで18日、リドリー・スコット監督の最新作『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』のワールドプレミアが開催され、スコット監督始め、出演俳優のマーク・ウォールバーグ、女優ミシェル・ウィリアムズらが顔をそろえた。

 25日に全米で公開される同作は、1973年に起きた、石油王ジャン・ポール・ゲティの孫ジョン・ポール・ゲティ3世の誘拐事件を題材にしている。

 当初は米俳優ケヴィン・スペイシーが石油王役で撮影が行われたが、セクハラ疑惑を受けてスペイシーの出演場面を削り、クリストファー・プラマーを代役にあてて撮影し直した。撮り直しには6週間かかったが、予定通り12月の公開に間に合った。

 同作は映画賞レースでの有力作品とみられており、3部門でノミネートされたゴールデン・グローブ賞では、監督賞のスコット監督、女優賞のウィリアムズのほか、急きょ代役で出演したプラマーも助演男優賞候補に選ばれている。

【関連情報】
【場面写真】誘拐事件のてん末を描いた『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』
ケヴィン・スペイシー降板からまさかの逆転劇!リドリー・スコット最新作、日本公開決定
セクハラ代役、GG賞ノミネート!リドリー・スコット80歳の仕事が速すぎる
ゴールデン・グローブ賞ノミネーション発表!デル・トロ『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多7部門
「最も稼いだ男優」は約75億円でマーク・ウォールバーグ!ハリウッドの男女格差が浮き彫りに
ハリウッドに激震!セクハラ騒動まとめ

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >