2018/01/03 08:23

K-POPアイドルは韓国映画界の救世主となるか?高齢化する主演俳優たち

俳優としても最も勢いのあるEXOのD.O.ことド・ギョンス Han Myung-Gu / GC Images / Getty Images
俳優としても最も勢いのあるEXOのD.O.ことド・ギョンス Han Myung-Gu / GC Images / Getty Images

 2017年も韓国映画界は好調で、観客動員数1,219万人を達成した『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』のほか、『共助(原題の日本語訳)』が781万人、『犯罪都市(原題の日本語訳)』が661万人、『軍艦島(原題の日本語訳)』が660万人、『青年警察(原題の日本語訳)』が565万人と景気のよいスコアが並んだ。しかしながら、この中で20代の俳優がメインキャストを務めているのは、『青年警察』のパク・ソジュン(29歳)くらいで、ほかは皆30歳以上。ここに韓国映画が抱える俳優の高齢化問題がうかがえる。

 アジアを中心に韓流を牽引したペ・ヨンジュンらももう40代。ヒョンビンやチョ・インソンら若手と言われてきたスター俳優も、いつしか30代半ばを超えていた。現在の韓国映画で主演を張るのは、アジョシ(韓国語で「おじさん」の意味)俳優ばかりなのだ。

 かといって、若手俳優が活躍していないというわけではなく、アジョシ俳優が幅を利かせる現在の韓国映画界にもさまざまな配役で若手俳優も出演している。そして、昨今の韓国映画会を支える若手俳優として、K-POPアイドルが増えつつあるのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >