2018/01/08 08:10

どうなる?2018年の動画配信サービスと映画館の動向【コラム】

Netflixと積極的にタッグを組むブラッド・ピット Mike Marsland / WireImage / Getty Images
Netflixと積極的にタッグを組むブラッド・ピット Mike Marsland / WireImage / Getty Images

 2017年6月にNTTコム リサーチが発表した第6回「映画館での映画鑑賞」のアンケート結果(全国の10代~70代の男女3,193名を対象)によると、映画館で映画を観ている人の比率は37.1%、およそ4割程度だったという。そもそも1980年代、家庭用ビデオの普及により「映画は映画館で観るもの」という概念は次第に薄まりつつあったものの、ここ数年のNetflixやAmazon、Huluといったインターネット配信サービスによるオリジナル映画製作の隆盛によって、その垣根はさらにあいまいなものとなっている。(文:壬生智裕)

 2017年は特にその流れが顕著だった。5月には、Netflixが製作した配信オリジナル作品、『オクジャ/okja』(2017・ポン・ジュノ監督)、『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』(2017・ノア・バームバック監督)がカンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出され、「映画館で上映されない配信オリジナル作品は、映画なのか?」という論争が巻き起こったことは記憶に新しい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >