2018/01/04 16:14

吉永小百合、映画120作目でも「いつまでもアマチュア」

謙虚な姿勢を崩さない吉永小百合
謙虚な姿勢を崩さない吉永小百合

 女優の吉永小百合が4日、都内で行われた映画『北の桜守』完成披露会見に堺雅人、篠原涼子、岸部一徳、滝田洋二郎監督とともに出席した。吉永にとって120本目の出演映画となり、堺や岸部からは仕事への姿勢を絶賛されるも、吉永自身は「わたしはいつまでもアマチュアで反省ばかりです」と恐縮していた。

 本作は、吉永が出演した『北の零年』、『北のカナリアたち』に続く、北海道を舞台に壮大な人間物語を描く“北の三部作”最終章に位置づけられる。戦中から戦後の激動の時代を舞台に、死に物狂いで生き抜いた親子の姿を描く。

 堺は「後輩の自分が言うのもあれですが、どんなシーンでも常に全力で取り組む姿に感動しました。僕は44歳なのですが、一生懸命さが足りないと実感しました」と吉永と共演した感想を述べると、岸部も「僕らにとって吉永さんはスターなのですが、現場では一切そんな部分は見せず、完全に役になりきっているんです。お話をすると気さくな方で、ご一緒するとみんなファンになってしまうんです」と絶賛。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >