2018/01/08 20:40

『IT/イット』仕掛け人DCヒーロー映画の舵取り役に抜てき!

日本でもスマッシュヒットとなった『IT/イット』仕掛け人がDC映画を監修! Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージス
日本でもスマッシュヒットとなった『IT/イット』仕掛け人がDC映画を監修! Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージス

 『バットマン』『ワンダーウーマン』シリーズなどDCコミックス原作の映画シリーズ「DCエクステンデッドユニバース」を監修する責任者に、大ヒットホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』などで製作総指揮を務めるウォルター・ハマダが就任したと、Deadlineなどが報じた。

 ウォルターは、米ワーナー・ブラザース傘下であるニューライン・シネマの製作部門の代表として、『IT/イット』以外にも『死霊館』『ファイナル・デッドブリッジ』といった、大ヒットホラーの製作総指揮として活躍。なかでも『死霊館』は、『アナベル』シリーズを展開するなど、“ユニバース化”に成功している。

 米ワーナーとしては、昨年公開されたDCヒーロー集結映画『ジャスティス・リーグ』がオープニング興行収入1億ドル(約110億円・1ドル110円計算)を切るなど、暗雲が立ち込めたDC映画の立て直し役として期待をかけているのは間違いないだろう。DC映画を統括する立場にあったDCコミックスの代表ジェフ・ジョンズは、継続してフランチャイズにかかわるものの、クリエイティブ面での協力にとどまるという。

 DC映画は今後『アクアマン(原題) / Aquaman』が2018年12月21日、『シャザム!(原題) / Shazam!』が2019年4月5日、『ワンダーウーマン2 / Wonderwoman2』が2019年11月1日の全米公開を予定している。(編集部・入倉功一)

【関連情報】
【動画】コワすぎピエロが大ヒット!『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』予告
なぜピエロは怖いのか?『IT/イット』監督が語る子供時代との関係
『バイオハザード』が早くもリブート?ジェームズ・ワンがプロデュース
ディズニーによるフォックス買収で現地パニック…大規模解雇、製作本数減少、危惧する声も
2017年Googleで検索された俳優&映画は?全世界ランキング!
『スパイダーマン:ホームカミング』冒頭10分まるっと公開!トムホの自撮りも!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >