2018/01/13 12:53

宮迫博之、最初の夢はアニソン歌手だった 憧れ水木一郎の隣に感激

水木一郎アニキ(左)との同じ舞台に立つ幸せをかみしめる宮迫博之
水木一郎アニキ(左)との同じ舞台に立つ幸せをかみしめる宮迫博之

 雨上がり決死隊の宮迫博之が13日、丸の内TOEIで行われ『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』初日舞台あいさつに森久保祥太郎、茅野愛衣、上坂すみれ、花江夏樹、永井豪(原作)、志水淳児監督、水木一郎と登壇。あしゅら男爵(男)役としてゲスト声優に参加した宮迫は、初めて憧れた職業がアニソン歌手だった事を振り返り、水木との横並びに「心臓がバクバクします」と感激しきりだった。

 本作は絶大な人気を誇る永井作の「マジンガーZ」の新たな劇場アニメ。宿敵Dr.ヘルを倒して科学者となった兜甲児が、マジンガーZらと共に新たな脅威に立ち向かう。今回の劇場版のためにテーマ曲「マジンガーZ」が45年ぶりに新録された。

 テレビシリーズで渡辺宙明が手掛けた同曲を、今回は息子の渡辺俊幸がアレンジしており、ステージで生歌も披露した水木は 「(ファンに)どういう風に納得してもらえるのかが一番怖かったです。前のものを捨ててはいけないし、新しいものも取り入れないといけない。なので、新曲をもらったような真っ白な気持ちでレコーディングしました。映画を観るまでは心配でしたけど、喜んでくれているみたいでしたので、嬉しく思っています」と笑顔。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >