2018/01/18 23:39

シンガポール動物園、昨年生まれた500匹を一般公開

1月11日、シンガポール動物園は2017年に生まれた動物500匹を一般に公開した。種類にすると145種で、その4分の1以上が絶滅の危機にさらされている。写真はアオマルメヤモリ (2018年 ロイター/Edgar Su)
1月11日、シンガポール動物園は2017年に生まれた動物500匹を一般に公開した。種類にすると145種で、その4分の1以上が絶滅の危機にさらされている。写真はアオマルメヤモリ (2018年 ロイター/Edgar Su)

[シンガポール 11日 ロイター] - シンガポール動物園は11日、2017年に生まれた動物500匹を一般に公開した。種類にすると145種で、その4分の1以上が絶滅の危機にさらされている。

 生後2カ月のコビトカバ「アビナ」は、この種としては動物園で誕生した24例目となった。動物園を運営するワイルド・ライフ・リザーブズ・シンガポール(WRS)の幹部は、このカバは野生と飼育下のものを合わせても、2,000頭が生存するのみと説明した。

 クリスマスの数日前には、2匹のアオマルメヤモリが誕生。このヤモリは、タンザニアの8キロ四方の地域に生息するのみという。

 4月に誕生したのは、絶滅が危惧されている雌のオランウータン。最近では、コツメカワウソの群も生まれている。

【関連情報】
【動画】大勢のユダヤ人を救った夫婦と動物園の物語『ユダヤ人を救った動物園 ~アントニーナが愛した命~』予告編
犬にない猫の魅力って?全米1館→130館ヒット作の監督に聞く
アイアンマンやキャップがなぜかワンちゃん化!キュートなアベンジャーズ犬が集合!
もふもふ再び!『パディントン2』日本版予告編
実写版『ダンボ』2019年3月米公開!キャスト&役柄明らかに
仕事愛がすごい!チンパンジー研究の第一人者を追ったドキュメンタリー

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >