2018/01/16 05:35

松本潤主演ドラマ、木村文乃の豹変シーンが凄すぎた

写真は2018年1月イベント撮影のもの
写真は2018年1月イベント撮影のもの

 嵐・松本潤主演の連続ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」(TBS系、毎週日曜夜9時~)が、14日より放送スタートとなり、新キャラとして登場した木村文乃の意表を突くワンシーンが話題になっている。

 本作は、裁判有罪率(起訴された際に裁判で有罪になる確率)99.9%とされる刑事事件を、残りの0.1%の可能性を懸けて戦う弁護士たちの物語。2016年4月期に放送された前シーズンに続き、型破りな刑事専門の天才弁護士・深山大翔を松本、深山とチームを組むベテラン弁護士・佐田篤弘を香川照之が続投。新ヒロインに決定した木村文乃が、元裁判官の弁護士・尾崎舞子にふんする。

 第1話は、父親が事件の容疑者として逮捕、起訴された加代(谷村美月)を連れ、その親友である舞子が斑目法律事務所を訪れるところからスタート。加代の父親・鈴木二郎(半海一晃)には彼が借金をしていた沢村ファイナンスの社長を殺害した容疑がかけられており加代と二郎は無罪を訴えていたが、舞子は裁判官時代の経験、調書などから二郎が犯人と確信。二郎に罪を認めさせ情状酌量を得ることが舞子の目的だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >