2018/01/24 23:32

メキシコに地球最大規模の水中洞窟!マヤ文明研究の一助に

1月16日、メキシコのユカタン半島地下にある2つの水中洞窟がつながっていることが分かり、347キロにおよぶ地球最大規模の水中洞窟であることが明らかになった。古代マヤ文明の解明に新たな光をもたらす一助になる可能性があるという。写真は2014年1月撮影 (2018年 ロイター/Herbert Mayrl/Courtesy Gran Acuifero Maya Project (GAM))
1月16日、メキシコのユカタン半島地下にある2つの水中洞窟がつながっていることが分かり、347キロにおよぶ地球最大規模の水中洞窟であることが明らかになった。古代マヤ文明の解明に新たな光をもたらす一助になる可能性があるという。写真は2014年1月撮影 (2018年 ロイター/Herbert Mayrl/Courtesy Gran Acuifero Maya Project (GAM))

[メキシコ市 16日 ロイター] - メキシコのユカタン半島地下にある2つの水中洞窟がつながっていることが分かり、347キロにおよぶ地球最大規模の水中洞窟であることが明らかになった。古代マヤ文明の解明に新たな光をもたらす一助になる可能性があるという。

 発見したのは、ユカタン半島の地下水調査と保存を手掛けるプロジェクトのチーム。数カ月の調査の結果、すでに調査されていた全長263キロの洞窟と、今回調査した83キロの洞窟がつながっていることが特定された。

 マヤ文明の都市は、地下水に通じるドリーネ(セノーテ)のネットワークを中心に発達。セノーテは宗教的に特殊な意味を持つとされる。

 調査を率いる地下水考古学者 Guillermo de Anda 氏は、今回の発見はこの地域に栄えたマヤ文明の発展を理解するうえで助けになると指摘。「現在われわれが知る儀式や巡礼地、さらには大規模な(マヤ文明の)入植がどのように実現していったかを、これまでよりはるかに明確に理解することにつながる」と述べた。

【関連情報】
【写真】全編マヤ語!マヤ文明後期が舞台のアドベンチャー・スリラー『アポカリプト』
ロゼッタストーンより古い!古代エジプトの謎記す「マグナストーン」が発掘
『インディ・ジョーンズ』最新作、1年延期 2020年7月全米公開へ
1メートル深い!サメ映画『海底47m』続編は水深48メートル
メル・ギブソンはマゾの一流監督?『アポカリプト』の魅力をライムスター宇多丸が熱弁!
ビックリ!人間の縮小化アイデア、生命倫理学者がすでに論文化していた

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >