2018/04/02 07:07

榮倉奈々&安田顕の夫婦にほっこり『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』現場レポ

安田顕と榮倉奈々が夫婦を演じる (C) 2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
安田顕と榮倉奈々が夫婦を演じる (C) 2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

 インターネットの質問サイトで反響を巻き起こした伝説的投稿を基にした映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の現場取材で、メガホンを取った李闘士男監督は本作について「ある一組の夫婦のラブストーリー」だと表現した。

 じわじわと汗がにじんでくるような熱さの中、すこし古さを感じさせる一軒家のスタジオで行われた同作の現場取材。この日撮影されたのは、主人公であるサラリーマンのじゅん(安田顕)が、妻ちえ(榮倉奈々)の実家で、落書きされたボロボロの教科書に残されていた彼女の言葉を見つけるシーン。ちえがなぜ死んだふりを繰り返していたのか答えを探る中で、ヒントになる重要な場面だ。

 本作はタイトル通り、じゅんが帰宅すると、妻のちえが必ず死んだふりをしているという設定の作品。ちえの“死んだふり”はバリエーション豊かに何パターンも披露され、最初はケチャップで血のりをつける程度だったものが、幽霊やドラキュラなどもはや“死んだふり”ではなく「どうしてそうなった!?」と突っ込みを入れたくなるようなレベルでどんどんエスカレートしていく。だが、この夫婦を通して描きたいものについて李監督は「コミュニケーション」だと言う。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >