2018/02/07 15:00

草なぎ剛、3年ぶり舞台に「未知なる自分を追い求めたい」と決意

3年ぶり舞台に気合い十分の草なぎ剛
3年ぶり舞台に気合い十分の草なぎ剛

 元SMAPで俳優の草なぎ剛が7日、KAAT神奈川芸術劇場で行われた舞台「バリーターク」制作発表会見に出席、「未知なる自分を追い求めたい」と意気込んだ。この日はKAAT神奈川芸術劇場の芸術監督で、本舞台の演出を務める白井晃、そして共演者の松尾諭、小林勝也も来場した。

 トニー賞を受賞した『ONCE ダブリンの街角で』舞台版の脚本や、故デヴィッド・ボウイさんの遺作となったミュージカル「ラザルス(原題)/Lazarus」の脚本などを手がけるアイルランド注目の劇作家エンダ・ウォルシュの戯曲を、白井の演出により日本初公演する本舞台。

 草なぎにとっては2015年の「burst!~危険なふたり」以来、およそ3年ぶりの舞台出演となる。「白井さんに声をかけていただいて。松尾さんと小林さんとガッツリお芝居ができるということで、僕自身も久しぶりの舞台で、新しい自分を表現できる作品だとお思いました。海外の作品で難しい描写もありますが、これもまた楽しんで。新しい自分を発見するというか、成長にもつながるでしょうから。未知なる自分を追い求めて舞台に立ちたいと思います」と決意のコメントを語ると、「舞台に立つのはいつも怖いです。緊張しますし。それは一生変わらないと思います」と気持ちを引き締めているようだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >