2018/02/07 18:33

台湾地震、日本から心配の声相次ぐ 渡辺直美・西川貴教らも

台湾に励ましのツイート 渡辺直美(2015年撮影)
台湾に励ましのツイート 渡辺直美(2015年撮影)

 6日夜に台湾東部の花蓮沖で大規模な地震が発生し、建物の倒壊などの被害が各メディアで報じられていることを受け、日本でも、心配と支援を呼びかける声がSNS上に多数投稿されている。

 芸能界からも心配の声が相次いでおり、タレントの渡辺直美はTwitterで、「台湾花蓮での地震が心配です。台湾の皆様大丈夫でしょうか? これ以上被害が大きくなりませんように」とつぶやくと、励ましの意味を込めて「台湾加油! 花蓮加油!!」とつづった。T.M.Revolutionの西川貴教も「台湾の地震が心配です... 担心台湾的地震...」とツイートした。

 台湾の青春映画『あの頃、君を追いかけた』のリメイク版に主演し、現地でも撮影を行った俳優の山田裕貴は「台湾での地震、他人事とは思えないくらい心配です。こういったとき、僕らは本当に祈ることしか出来ないなと無力さを感じます」と無念をにじませる。

 また、お笑い芸人の古坂大魔王は、「心配すぎる。東日本大震災の恩返しをいち早くしなければ…。加油…」「勿論…要請を待ち、必要だと判断したらで良い。しかし、即座に対応してほしい。迅速な対応をしてほしい。愛には愛で返して欲しい。頼む」とツイート。このほか、東日本大震災の発生時に台湾から多くの義援金が寄せられたこともあり、Twitter上では、当時の恩を返そうと、支援を呼びかけるツイートが投稿されている。

 台湾出身のタレントで台北在住のインリンもブログを更新し、「花蓮県から少し距離が離れている台北市に住んでいる私は、寝ていたのもあって地震には気付きませんでした」と報告。地震についてはニュースで知ったといい「まだ救出が続いているようですが、どうかこれ以上被害が大きくならないことを願うばかりです」とつづっている。(西村重人)

【関連情報】
映画界の震災復興支援はその後、どうなったのか?
福山雅治が2年越しの台湾訪問!震災支援に感謝「日本人は皆知っています」
福島の映画館の笑顔と静寂 地震の時刻にあわせ館内は黙祷
あの日何が起きたか 3.11を描く映画に菅内閣政治家の実名が登場
福島県いわき市、被災者に寄り添う映画館
震災から6年…今一度フクシマ、「生きること」を見つめ直す、今は亡き映画監督が撮った『残されし大地』

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >