2018/02/08 05:00

上戸彩、12年ぶりコナン参加!博多大吉と『ゼロの執行人』声優に

真実はいつもひとつ! (C) 2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
真実はいつもひとつ! (C) 2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 アニメ「名探偵コナン」の劇場版最新作『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』(4月13日公開)のゲスト声優が発表され、容疑者となってしまった毛利小五郎を担当する弁護士・橘境子役を上戸彩、かつて境子が所属していた弁護士事務所で裁判官を目指していた司法修習生・羽場二三一役を博多大吉が務めることが明らかになった。

 今作では、東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察の真っ向衝突が繰り広げられる。私立探偵・黒ずくめの組織・公安警察のトリプルフェイスを使いこなす、いまだ謎多き人気キャラクター・安室透がメインキャラとして登場することも話題を呼んでいる。

 レギュラーアニメ放送10周年の応援スペシャルサポーターとして、本人役でアニメ登場経験があり、今回12年ぶりの「コナン」参加となる上戸は、コナンや毛利家との関わりも多い重要人物の橘境子役を担当。起訴した検察の勝率が99.9%と言われる公安事件を担当することが多く、これまでの裁判ではなんと全敗しているというキャラクターだが、上戸は「一見頼りなさそうに見えるかもしれませんが、真実はいつも一つです! 私にお任せください!」と意気込んでいる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >