2018/02/15 10:10

楊貴妃役になぜハーフの女優?チェン・カイコーが見いだした絶世の美女たち

左から春琴(キティ・チャン)、玉蓮(チャン・ティエンアイ)、楊貴妃(チャン・ロンロン)、白玲(松坂慶子) (C) 2017 New Classics Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film
左から春琴(キティ・チャン)、玉蓮(チャン・ティエンアイ)、楊貴妃(チャン・ロンロン)、白玲(松坂慶子) (C) 2017 New Classics Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film

 日中合作映画『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』を構想10年の末に完成させたチェン・カイコー監督が、傾国の美女・楊貴妃役に台湾出身の女優チャン・ロンロン(サンドリーナ・ピンナ)を抜擢。台湾とフランスの血を引く彼女を敢えて起用した理由や、大女優コン・リーをはじめこれまで起用してきた女優たちの決め手について明かした。

 夢枕獏の「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を原作に、カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作『さらば、わが愛/覇王別姫』の巨匠チェン・カイコーが映画化した今作。チェン監督といえば、『さらば、わが愛~』のコン・リーや『花の生涯~梅蘭芳~』のチャン・ツィイー、『PROMISE プロミス』のセシリア・チャンなど、彼の審美眼にかなったヒロイン女優たちも常に注目の的だ。配役の決め手となるのは「カメラ越しにどれだけ星の光が見えるか。“スター”ですから、その輝きこそが女優の価値を決める」と、監督はきっぱり。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >