2018/02/10 11:53

ディーン・フジオカ、復讐の鬼に!フジ4月ドラマで連ドラ単独初主演

ディーン・フジオカ (C)フジテレビ
ディーン・フジオカ (C)フジテレビ

 俳優のディーン・フジオカが、4月にフジテレビ系で放送されるドラマ「モンテ・クリスト伯 −華麗なる復讐−」で愛憎に満ちた“復讐の鬼”という役どころを務めることが明らかになった。ディーンにとって今作は連続ドラマ単独初主演作となる。

 日本では「巌窟王」の名称でも知られる「モンテ・クリスト伯」が原作となっている本ドラマ。現代の日本が舞台となり、愛、将来、自由、仕事、自尊心、すべてを奪われた実直な主人公が、自らを陥れた男たちに復讐し、彼らの人生そして運命の歯車を一人、また一人と狂わせていく。

 ディーンが演じるのは、冤罪で地獄に突き落とされた環境から何とかはい上がり、自らを陥れた者たちへ復讐をしていく柴門暖(さいもん・だん)。愛する女性と未来の家族を奪われ、15年間地獄のような投獄生活を送ってきた暖は、孤独と怒りによって復讐の鬼と化す。

 廃人と化した獄中時代の暖にふんする際には、長髪・ひげ面というワイルドな風貌も披露する予定のディーン。「光栄な思いと同時に、これまで数々のリメイク作品を見てきたこともあってその壮大なスケールにプレッシャーも感じました」と明かしつつ「プロデューサーや監督との打ち合せを重ね、第1話の台本を読み、やはり壮絶な物語がそこに待っていると改めて確信しました」とコメント。「これまでにない衝撃をオーディエンスの皆様にお届けするために、全身全霊で演じたいと思います」と意気込んでいる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >