2018/02/15 06:00

「アンナチュラル」ヒットの意外な理由 脚本家・野木亜紀子&プロデューサーが明かす

「アンナチュラル」第5話より 井浦新が爆発的人気!
「アンナチュラル」第5話より 井浦新が爆発的人気!

 大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の野木亜紀子脚本、石原さとみ主演の連続ドラマ「アンナチュラル」(TBS系・毎週金曜夜10時)の脚本家・野木とプロデューサーの新井順子が、高視聴率に結び付いた意外な背景を明かした。

 法医解剖医・三澄ミコト(石原)ら不自然な死を遂げた遺体が運び込まれる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」のスペシャリストたちの活躍を描くミステリー仕立ての本作。「法医学」というテーマを扱っているだけに、法医学をはじめ物理学、弁護士などさまざまな分野のエキスパートに取材し、脚本に労力を割いたというがその苦労が結実したのか、視聴者層を予想以上に広げられたと新井プロデューサーは話す。

 「視聴率を10%以上獲得するには、F1層(20~34歳の女性)、F2層(35~49歳の女性)のほか、F3層(50歳以上の女性)をとりこむことが必須とされており、特にF3層にわかりやすい内容を心掛けていました。ところが、ふたをあけてみるとM3層(50歳以上の男性)がものすごくついてきてくれていて、結果的にF1、F2、F3、M3と4つの層を獲得できました。社会的、ハードな題材を扱っていることが影響したのかもしれません」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >