2018/02/22 04:20

伝統の米ドッグショー、今年はビション・フリーゼに栄冠!

2月13日、米ニューヨークで今年で142回目を迎えた米国のドッグショー「ウエストミンスター・ケネル・クラブ・ドッグショー」の最終審査結果が発表され、ビション・フリーゼの「フリン」が最高賞に輝いた (2018年 ロイター/Brendan McDermid )
2月13日、米ニューヨークで今年で142回目を迎えた米国のドッグショー「ウエストミンスター・ケネル・クラブ・ドッグショー」の最終審査結果が発表され、ビション・フリーゼの「フリン」が最高賞に輝いた (2018年 ロイター/Brendan McDermid )

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 米ニューヨークで13日、今年で142回目を迎えた米国のドッグショー「ウエストミンスター・ケネル・クラブ・ドッグショー」の最終審査結果が発表され、ビション・フリーゼの「フリン」が最高賞に輝いた。

 真っ白でフワフワした毛が特徴の小さな雄犬「フリン」は、最終審査に進んだ他の6匹を抑え、栄冠を獲得した。2位には「Ty」という名のジャイアント・シュナウザーが選ばれた。

 今年の大会には全米50州、海外16カ国から201種、2,880頭を超えるイヌが出場した。

 フリンの飼い主、カリフォルニアに住むビル・マクファデンさんはビション・フリーゼについて「人々を楽しませる犬種だ。彼らは人を笑わせてくれる」と話した。

【関連情報】
【写真】ワンちゃんと飼い主の強い絆に感動…映画『僕のワンダフル・ライフ』
ウェス・アンダーソン新作、日本が舞台『犬ヶ島』初予告編!
アイアンマンやキャップがなぜかワンちゃん化!キュートなアベンジャーズ犬が集合!
吉沢亮、沢尻エリカの飼い猫役!美しい銀髪でロシアンブルーを擬人化
ロバート・ダウニー・Jr版『ドリトル先生』動物役にトム・ホランド!
虐待で前脚失ったタイの犬、ブレード義足で再び元気に走り回る

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >