2018/03/13 07:07

長澤まさみ、原点は『セカチュー』高評価の声優業の裏側

声について語った長澤まさみ
声について語った長澤まさみ

 近年、女優として目覚ましい活躍をみせる長澤まさみだが、一方で“声”の評価の高さも注目されている。歴史的な大ヒットを記録した『君の名は。』での奥寺先輩、『SING/シング』で魅せた歌声は、長澤の“声”の表現力の高さを見せつけたが、公開中の『映画ドラえもん のび太の宝島』でも、包み込むような優しい声で海賊船の船長の妻・フィオナを好演している。

 「『良かったよ』と言ってもらえることが多いのは素直にうれしいですね」と声優業の評価について率直な胸の内を明かした長澤。自身でも“声”というものは非常に大切にしているようで、「以前マネージャーさんから『女優は一・声、二・顔、三・姿』という言葉を教わったんです。自分のなかでも女優という仕事をやっていくうえで、声のトーンは、常にその役目を果たす上での核となっているものだと思っていたので、こうして声のお仕事をいただけるのはすごく励みになるし、ありがたいことです」と笑顔をみせる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >