2018/02/26 21:00

『ハムナプトラ』主演俳優、セクハラされてウツ状態に…ハリウッドから姿を消した理由

被害を明かしたブレンダン・フレイザー Daniel Zuchnik / WireImage / Getty Images
被害を明かしたブレンダン・フレイザー Daniel Zuchnik / WireImage / Getty Images

 映画『ハムナプトラ』シリーズや『センター・オブ・ジ・アース』で主演を務めて人気を博すも、近年はハリウッドの表舞台から遠ざかっていた俳優ブレンダン・フレイザー(49)。2003年にゴールデン・グローブ賞を主催するハリウッド外国人記者協会(HFPA)の元会長フィリップ・バークからセクハラを受け、ウツ状態になったことがその一因だと米GQ誌に語った。

 ブレンダンによると、2003年夏、米ロサンゼルスにあるビバリーヒルズ・ホテルでHFPA主催の昼食会が行われた際、バークが尻をつかみ、尻の間に指を差し入れ、さらには指を動かしてきたという。最終的にはバークの手を払いのけることに成功するも、「気分が悪くなり、自分が小さな少年に戻ったように感じた。いまにも泣き出しそうだった」と当時の恐怖を語ったブレンダン。部屋から逃げ出したが、当時の妻と広報担当らにしか打ち明けられなかったという。

 それから広報担当がHFPAに謝罪を求め、バークは謝罪文を書いたものの、バークいわく、それは「もしフレイザーさんに不快な思いをさせたのなら、それは意図したことではありませんでした。謝罪します」というような“定型文”であり、“行為”自体を認めたわけではないとのこと。バークは尻をつねったのは単なる冗談であり、ブレンダンの話は全くのでっち上げで、「彼のキャリアが下降したのはわれわれのせいではない」とGQ誌にメールで主張している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >