2018/03/02 22:42

湯浅政明『夜は短し歩けよ乙女』最優秀アニメーション賞に輝く!【第41回日本アカデミー賞】

湯浅政明監督
湯浅政明監督

 第41回日本アカデミー賞授賞式が2日、港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われ、湯浅政明監督による映画『夜は短し歩けよ乙女』が最優秀アニメーション作品賞に輝いた。

 第20回山本周五郎賞、第4回本屋大賞第2位に輝いた森見登美彦の同名小説をアニメ映画化した本作。京都の移りゆく四季を背景に、パッとしない大学生と彼が片思いする後輩の恋の行方を、個性的な仲間たちが起こす珍事件と共に描いた。

 湯浅監督は「アニメーションは本当にたくさんの人が作品を作っていって、いろんな方が頑張っています」と語り、スクリーンの裏側にある努力に触れつつ、「スタッフ、キャストのみなさま、おめでとうございます」と仲間を祝福した。

 同作では、テレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」などへの出演で知られる星野源が主人公の声優を担当。監督の湯浅をはじめ、脚本の上田誠、キャラクター原案の中村佑介ら、森見原作によるテレビアニメ「四畳半神話大系」のスタッフが再集結した。

 ほか、同部門では『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』『メアリと魔女の花』『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』が優秀作品賞に選ばれた。(編集部・小山美咲)

【関連情報】
【結果速報】第41回日本アカデミー賞
【写真】昨年は『この世界の片隅に』が受賞
『君の名は。』スタジオ新作アニメが夏公開 『秒速』オマージュ含む青春アンソロジー
2017年1位は『コナン』!『ドラえもん』など定番アニメ強し - 邦画興収年間ベストテン
長瀬智也、15年ぶり共演の神木隆之介に「ムカついた」
『リズと青い鳥』ユーフォニアムキャストが続投!Wヒロインは種崎敦美&東山奈央

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >