2018/03/01 08:30

『少年は残酷な弓を射る』監督×ホアキン・フェニックス!カンヌ絶賛の衝撃スリラー6月日本公開

少女たちを救う、ホアキンの武器はハンマー - 映画『ビューティフル・デイ』より Copyright (c) Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved. (c) Alison Cohen Rosa / Why Not Productions
少女たちを救う、ホアキンの武器はハンマー - 映画『ビューティフル・デイ』より Copyright (c) Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved. (c) Alison Cohen Rosa / Why Not Productions

 『少年は残酷な弓を射る』のリン・ラムジー監督と3度のオスカーノミネートを誇る演技派俳優ホアキン・フェニックスがタッグを組んだ衝撃的なスリラー映画『You Were Never Really Here』の邦題が『ビューティフル・デイ』に決まり、6月より日本公開されることが明らかになった。

 ホアキンが演じたのは、トラウマを抱え、暴力を恐れない元軍人のジョー。行方不明の少女たちを見つけ出すことで報酬を得ながら、年老いた母と暮らしていたが、ある日届いた政治家の娘ニーナを見つけ出すという依頼はいつもと何かが違っていて……。怯える様子もなくまるで空っぽの人形のようなニーナとの出会いをきっかけに、ジョーの日常が壊れ始める。

 アメリカ人作家ジョナサン・エイムズのハードボイルドな小説を、ラムジー監督とホアキンは唯一無二の感性が息づく演出、演技で映像化。第70回カンヌ国際映画祭では男優賞(ホアキン)と脚本賞(ラムジー)のW受賞を果たしたことでも話題を呼んだ。(編集部・市川遥)

映画『ビューティフル・デイ』は6月より新宿バルト9ほかにて全国公開

【関連情報】
【画像】仲良しなホアキン&ラムジー監督
『少年は残酷な弓を射る』監督が『96時間』を撮るとこうなる!ハンマー振るうアンチヒーローが誕生
ホアキン・フェニックス、男優賞受賞に固まる!予想外すぎてスニーカーのまま登壇
ダンケルクの少年が不気味すぎる…コリン・ファレル一家に付きまとう『聖なる鹿殺し』予告
白シャツ最高!マッツ・ミケルセンを生んだデンマークから新たなイケオジ現る
男子禁制の女学院に負傷兵が運び込まれる…ソフィア・コッポラ新作映像

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >