2018/03/16 07:05

井浦新、なぜ途切れない?こだわり「20代で捨てた」

井浦新 撮影:上野裕二
井浦新 撮影:上野裕二

 昨年は2本の主演映画が公開され、今年も16日に最終回を迎える連続ドラマ「アンナチュラル」(TBS系・毎週金曜夜10時)、3月17日公開の映画『ニワトリ★スター』など出演作が相次ぐ井浦新が、これまでの役者人生、そして俳優としてのこだわりを語った。

 「アンナチュラル」では、ドSな解剖医というインパクトの強い役柄をさらりと演じて注目を浴び、出演する映画は、予算規模の大小にこだわらずクオリティーの高さで評判を呼んでいる。現在43歳、若手俳優と呼ばれる時期を過ぎ、40代になってもなお新たな魅力を放ち続ける彼の活躍は目覚ましい。

 昨年は主演作を含め、『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』『光』『二十六夜待ち』など3本の映画が公開。そのほかNHK Eテレの教養番組「日曜美術館」(毎週日曜午前9時~)の司会を務めるなど多忙を極める井浦に、出演作をどのように決めているのかを聞いてみると「『これに出たい』とか、『テレビには出ない』とか、そういう妙なこだわりは20代でやめました」と心境の変化を明かしつつ、「野球に例えたら、投げられた球は全部打ちたい」という。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >