2018/03/09 06:05

岩田剛典、爆発的女性人気の理由 絶え間ない進化と変化

『去年の冬、きみと別れ』で初の単独映画主演を務める岩田剛典 撮影:上野裕二
『去年の冬、きみと別れ』で初の単独映画主演を務める岩田剛典 撮影:上野裕二

 人気アーティストのEXILE / 三代目 J Soul Brothers(以降、三代目JSB)のメンバーとして華麗なダンスを披露するパフォーマーでありながら、近年は俳優としての活躍も目覚ましい岩田剛典。初の単独主演映画『去年の冬、きみと別れ』(3月10日公開)が公開される今年は、俳優としてのさらなる飛躍が期待されると共に、勝負の年ともなりそうだ。

 “がんちゃん”の愛称でも知られる岩田の経歴を振り返ると、2010年の慶応大学在学中に三代目JSBのメンバーとしてデビュー。学生時代や三代目JSBの初期は、短髪から長髪のドレッドヘアまで髪形の変化が多く、ヒゲを生やしたり肌を焼いたりとワイルドな外見だったが、EXILEのリーダーであるHIROからのアドバイスやファンの声などを受け、次第に現在のような笑顔の似合う爽やかなルックスにイメージチェンジ。また、高校時代にはU-19のラクロス日本代表候補に選出され、大学時代にはダンスサークルの部長を務めたほか、ミスター慶應コンテストの最終候補者となり、さらには就職活動をして一流企業の内定を受けながらも三代目JSBのオーディションに合格したことでダンサーとなる夢に賭けたというような華麗な経歴が知られていくこととも相まって、王子様的イメージが開花。女性を中心に注目度が増す中でメディアへの露出も増えていった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >