2018/03/06 22:02

『ブラックパンサー』早くもマーベル歴代2位のヒット作に!【全米ボックスオフィス考】

勢いは止まらない! - 映画『ブラックパンサー』より (C) Marvel Studios 2018
勢いは止まらない! - 映画『ブラックパンサー』より (C) Marvel Studios 2018

 先週末(3月2日~3月4日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、漆黒のヒーローを描いたマーベル映画『ブラックパンサー』が興行収入6,630万6,935ドル(約72億9,376万2,850円)で3週連続となる首位に輝いた。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 累計興収は早くも5億1,70万6,972ドル(約551億8,776万6,920円)に到達した。大ヒットを連発しているマーベル映画の興収ランキングでも、公開3週目にして歴代2位に。これで『ブラックパンサー』よりヒットしたマーベル映画は、『アベンジャーズ』(2012)のみとなった(最終興収6億2,335万7,910ドル・685億6,937万100円)。

 2位には、ジェニファー・ローレンス主演のスパイスリラー『レッド・スパロー』が興収1,685万3,422ドル(約18億5,387万6,420円)で初登場。元CIAの作家ジェイソン・マシューズの小説を基に美しき女スパイの闘いを描き、配給の20世紀フォックスの想定通りの数字を上げた。メガホンを取ったのは、『ハンガー・ゲーム』シリーズに続くジェニファーとのタッグとなったフランシス・ローレンス監督。ブルース・ウィリス主演で『狼よさらば』(1974)をリメイクしたアクション『デス・ウィッシュ(原題) / Death Wish』は興収1,301万0,267ドル(約14億3,112万9,370円)で3位デビューだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >