2018/03/07 11:09

実写版プーさん初予告!クリストファー・ロビン役はユアン・マクレガー

プーさんも大人になったクリストファー・ロビンもかわいい - 画像はディズニースタジオTwitterのスクリーンショット
プーさんも大人になったクリストファー・ロビンもかわいい - 画像はディズニースタジオTwitterのスクリーンショット

 くまのプーさんの大親友クリストファー・ロビンの“その後”を描くディズニー実写映画『クリストファー・ロビン(原題)』から初となるティーザー予告編(海外版)が公開された。ほろ苦い現実を描きつつも、プーとクリストファー・ロビンのめちゃくちゃかわいいやり取りに思わず頬が緩んでしまう。

 原作者A・A・ミルンの息子をモデルにしたクリストファー・ロビンは、賢くて思いやりがあり、プーの大親友にして仲間たちのリーダー的存在の少年だったが、本作が描くのはそれから30年後。大人になったクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)は子供の心を忘れ、仕事優先で娘とは遊ばず、家庭は壊れかけていて……。これまでずっと彼に助けられてきたプーたちが、今度は彼を助ける番になった。

 今回公開された予告編では、「どうしよう どうしよう どうしよう」と公園のベンチで一人苦悩するクリストファー・ロビンの前に、「確かにどうしよう」とつぶらな瞳のプーが登場。「プー!?」と驚きながらも「ボロボロだ」と吐露したクリストファー・ロビンに、意味を取り違えたプーが「ひび割れているようには見えないよ。ちょっとしわはあるけどね」とゆったり語る。小さく口を動かし真っすぐにクリストファー・ロビンを見つめる姿や、彼のしわのある目元に優しく触れるしぐさ等、“動くぬいぐるみ”のプーの描写が秀逸だ。

 『ネバーランド』ではピーター・パン誕生の物語を描いたマーク・フォースター監督が、メガホンを取った。今秋日本公開。(編集部・市川遥)

【関連情報】
映画『クリストファー・ロビン(原題)』ティーザー予告編(海外版)
メリー・ポピンズが帰ってきた!半世紀ぶり続編、初予告が公開
ユアン・マクレガーが離婚を申請
『スター・ウォーズ』オビ=ワンのスピンオフが進行中!監督候補も判明
ティム・バートン実写版『ダンボ』映像D23で公開!大きな耳がキュートな小象
「クマのプーさん」の成功で失ったもの…作家とクリストファー・ロビンのモデルになった息子描く予告編

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >