2018/03/12 07:08

この本気…知念侑李&中川大志、吹き替えナシ!演奏シーン秘話『坂道のアポロン』

文化祭シーンメイキング写真 (C) 2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C) 2008 小玉ユキ/小学館
文化祭シーンメイキング写真 (C) 2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C) 2008 小玉ユキ/小学館

 公開中の映画『坂道のアポロン』で、キャストの知念侑李や中川大志が本格的な楽器演奏に挑戦している。劇中では知念がピアノ、中川がドラムの演奏を披露しているが、吹き替えナシで挑んだ演奏シーンの裏には、相当な努力があった。

 同作は、小玉ユキのコミックを原作にした青春ストーリー。都会から長崎県・佐世保へ転校してきた高校生の薫(知念)が、クラスメイトの千太郎(中川)、律子(小松菜奈)と出会い、一生ものの友情や恋愛、そしてジャズの魅力に目覚めていく姿を描く。劇中では薫と千太郎によるピアノとドラムのセッションが象徴的に描かれる。

 演奏シーンの撮影のため、知念、中川ともに約10か月に及ぶ猛特訓を重ねた。知念にとってピアノは初挑戦であり、楽譜が読めないかわりに耳でメロディーを、目で演奏指導の先生の指の動きをコピーし、反復練習することで習得したという。実際の撮影について知念は「千太郎のドラムに乗せられて、いつのまにか手以外のところも動いていて。最初のセッションは結構序盤での撮影でしたけど、演じていて泣きそうになるくらい、気持ちが乗りましたね。最後の方は2人とも撮影シーンにも慣れて、初めより技術も上がったと思うので、余裕を持って楽しめたように思います」と振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >