2018/03/13 17:02

『砂の惑星』リブートは2部作以上に!ブレードランナー続編監督が明言

写真はデヴィッド・リンチ監督作『砂の惑星』(1984)より Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ
写真はデヴィッド・リンチ監督作『砂の惑星』(1984)より Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『メッセージ』『ブレードランナー 2049』のドゥニ・ヴィルヌーヴが監督に決まっている『砂の惑星』リブート版は2部作以上になるそうだ。ヴィルヌーブ監督自らEmpireに語った。

 フランク・ハーバート著の全6作から成るSF大河小説「デューン」シリーズを原作に、デヴィッド・リンチが映画化した『砂の惑星』(1984)は、砂に覆われ巨大な虫が支配する惑星アラキス、通称“デューン”を舞台に、覇権をめぐって繰り広げられる権力闘争を描いた。リンチ監督も映画の出来に満足しておらず、映画公開当時は興行的にも批評的にも芳しくなかったものの、再編集してテレビ放映されるなど、今ではカルト的人気を誇っている作品だ。

 ヴィルヌーブ監督は多くは語らなかったものの、次回作になる予定の本作について「『デューン』の製作におそらく2年はかかるだろう。目標は、2部作か、それ以上つくることだ」と明かした。原作が巨編であるだけに、ヴィルヌーブ監督が手掛けるバージョンではどのように物語を紡いでいくのか。続報が楽しみなプロジェクトだ。(編集部・石神恵美子)

【関連情報】
この世界観…リンチ監督版『砂の惑星』フォトギャラリー
幻のシーンが復活『ブレードランナー』続編で描かれた新たな世界
『ブレードランナー』続編は本当に“大コケ”と言われる映画なのか?
90歳無神論者が初めて死と向き合う!今年9月永眠ハリー・ディーン・スタントン最後の主演作
世界を変えた未完の大作とは?鬼才ホドロフスキー幻の企画を追ったドキュメンタリー『ホドロフスキーのDUNE』
まさに夢の対談!日本公開中止『マザー!』監督、奇才ホドロフスキーから助言

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >