2018/03/24 20:33

ジョージ・クルーニーと『エターナル・サンシャイン』撮影監督がタッグ!

ジョージの演技も楽しみ! - エレン・クラス Astrid Stawiarz / Getty Images for Refinery 29
ジョージの演技も楽しみ! - エレン・クラス Astrid Stawiarz / Getty Images for Refinery 29

 映画『エターナル・サンシャイン』などの撮影監督エレン・クラスが、ジョージ・クルーニーがHuluで製作するリミテッドシリーズ「キャッチ-22(原題) / Catch-22」で2話分の監督を務めるとDeadlineなどが報じた。

 本作は、作家ジョセフ・ヘラーが1961年に発表した小説「キャッチ=22」を基に、パラマウント・テレビジョン、アノニマス・コンテント、クルーニーの制作会社スモーク・ハウス・ピクチャーズが全6話のリミテッドシリーズとして手掛ける予定の作品。同小説の舞台は第2次世界大戦中のイタリアのピアノーサ島。米空軍爆撃隊のヨッサリアン大尉の願いはただ生き延びることで、そのために仮病を使ったり狂気を装ったりして何度か出撃を逃れようとするが、その度に軍規(軍隊で守る風紀や規律)に阻まれてしまう。戦争の狂気や現代社会を風刺したダークなコメディーだ。

 キャストには、ヨッサリアン大尉役に映画『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』のクリストファー・アボットが挑戦し、ジョージはその大尉の上官であるカスカート大佐を演じることになっている。

 そしてこの度、クラスが全6話ある同シリーズの2話分を監督することが明らかになった。その他のエピソードは、ジョージと彼の長年のパートナー、グラント・ヘスロヴがメガホンを取ることになっている。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
【場面写真】別れた恋人の記憶をなくしたい…映画『エターナル・サンシャイン』
ジョージ・クルーニー監督×マット・デイモン主演で“理想の崩壊”描く新作、5・4公開決定!
女性版『オーシャンズ11』でダニー・オーシャン死亡か
「ブレイキング・バッド」主演俳優がゴリラ映画に!アンジーとタッグ
ニコール・キッドマン、再びドラマ主演!性格劇のサイコスリラー
ベンアフ監督デビュー作がテレビドラマ化へ

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >