2018/03/18 21:12

ゆうばり映画祭グランプリは23歳の新鋭!弱者への目配り・優しさを瀬々敬久監督も評価

西口洸監督(中央)学生時代は「イケてないグループだった」独特の表現で喜びを語った
西口洸監督(中央)学生時代は「イケてないグループだった」独特の表現で喜びを語った

 北海道夕張市で開催中の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」クロージングセレモニーが18日に北海道夕張市の合宿の宿ひまわりで行われ、大阪在住の23歳、西口洸監督の『ED あるいは (君がもたらす予期せぬ勃起)』がグランプリを獲得した。

 同作は、母親の裸を見たことが原因で、ED(勃起不全)になってしまった少年の悩みをシュール、かつコミカルに描き出した青春映画。審査員長の瀬々敬久監督から名前を呼ばれた西口監督は「まさかグランプリをもらうとは……」と驚きを隠せない様子で、「ほんまにうれしいです」と静かに喜びをかみ締めている様子だった

 若手映画人の登竜門として、多くの才能を発掘してきたコンペ部門。今年の応募総数は456作品(国内353作品、海外103作品)となり、その中から、9本のノミネート作品を発表。瀬々審査委員長のもと、映画監督の入江悠、女優の瀧内公美、富川国際ファンタスティック映画祭アジアプログラマーのキム・ボンソク、映画研究家のアレックス・ツァールテンの5人が、大阪芸術大学出身で、現在は同校で機材係として働く西口監督をグランプリに選んだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >