2018/03/21 12:02

浅野忠信&椎名桔平、ヤクザ役ジャレッド・レトーとの共演を振り返る!

日本が誇る名俳優!浅野忠信&椎名桔平『アウトサイダー』ロサンゼルス特別試写会にて
日本が誇る名俳優!浅野忠信&椎名桔平『アウトサイダー』ロサンゼルス特別試写会にて

 映画『ブレードランナー 2049』『ダラス・バイヤーズクラブ』などのオスカー俳優ジャレッド・レトーを主演に迎え、日本の裏社会に生きる男たちを描いたNetflix映画『アウトサイダー』で主要キャストを務めた浅野忠信と椎名桔平が、本作の撮影を通して感じたことなどを語り合った。

 Netflixがオリジナル映画として初めてオール日本ロケを敢行した本作は、戦後の大阪を舞台に、元米兵ニック(ジャレッド)が刑務所でヤクザの清と出会ったことをきっかけに、任侠の世界を知り、生きる意味や誇りを取り戻していくさまを描く。『マイティ・ソー』シリーズなどすでに世界で活躍している浅野が清役、『ダーク(原題) / Darc』(2016)に続いてのハリウッド作品出演となった椎名が清の兄弟分にしてニックの存在を疎ましく思うオロチ役を務めている。

 浅野は脚本を初めて読んだときのことをこう振り返る。「僕にはアメリカ人の血が入っていて、うちのおじいちゃんが日本に来て、うちのおばあちゃんに出会ったわけですけど、やっぱりその時代にそういうことってあるんですよね。うちの場合は、男と女が出会ったわけですけど、きっと男同士の友情もあったはずですから。そういうイメージをふくらませて撮影に臨んでいたので、とても興味深い話だと思いました」。浅野が言うように、ニックと清の築く絆が物語のキーになっていく。そのニックを演じたジャレッドは、ハリウッドでも徹底した役づくりで知られているが、実際に共演してみてどうだったのだろうか。「彼はこの役に関しては悩んでいて、やっぱ慣れないんだよねっていうことを正直に話していました。激しい役をやることが多かったので、自分から攻めていく役はできるんだけど、受け身の役はあんまりやったことがないんだよねって」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >