2018/03/22 11:08

ムロツヨシ、幼少期は「悲壮感消す作業」していた

登壇者がぶっちゃけまくり!
登壇者がぶっちゃけまくり!

 ユニバーサルスタジオとドリームワークスアニメーションが組んだ映画『ボス・ベイビー』の初日舞台あいさつが21日に都内で行われ、日本語吹き替え版で声優を務めるムロツヨシ、芳根京子、宮野真守、乙葉、石田明(NON STYLE)、山寺宏一が登壇。ムロが「悲壮感を消す作業」をしていたという幼少期のエピソードを明かしたほか、登壇者それぞれが「それ、言っちゃっていいの?」というギリギリトークを繰り広げる爆笑イベントとなった。

 まず口火を切ったのは山寺。ドリームワークス作品の大ヒット作『シュレック』のドンキー役としても知られる山寺は、同作の公開時(2001年)を振り返り「『シュレック』の先行上映会で舞台あいさつしたのですが、お客さんよりスタッフの方が多いって言われたんです。ドリームワークスのアニメには名作がたくさんあるのに、日本ではなかなかでした。でも今日こんなにたくさんのお客さんで、もう、どんどん上がって行く予感がします。あれ、スタッフ、ざわついてる?」と初日の喜びを早口でまくし立てた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >