2018/03/22 22:22

アメリカを代表する劇作家、娘が手掛けたドキュメンタリー映画が話題

プロデューサーのデイモン・カルダシス(左)と再タッグを組んだレベッカ・ミラー監督(右)
プロデューサーのデイモン・カルダシス(左)と再タッグを組んだレベッカ・ミラー監督(右)

 映画『50歳の恋愛白書』『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』などのレベッカ・ミラー監督が、自身の父親でアメリカを代表する劇作家アーサー・ミラーさんを描いた話題のドキュメンタリー作品『アーサー・ミラー:ライター(原題) / Arthur Miller: Writer』について、プロデューサーのデイモン・カルダシスと共に、3月13日(現地時間)、ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

 本作は、ミラー監督が過去に行った父親アーサーさんへのインタビューを通して、戯曲「セールスマンの死」や「るつぼ」の執筆過程、エリア・カザン監督の赤狩り時代の出来事、マリリン・モンローさんとの結婚生活などを振り返りながら、彼の家族との関係も浮き彫りにし、世間に知られていない素顔にも迫った作品になっている。

 25年前に撮影を開始し、約200時間もの父親に関する映像を集めたというミラー監督。「デイモンが今作を製作する鍵になったわ。彼は、父の人生をさまざまな要素に分けて、わたしが映像作家として描きやすいようにしてくれたの」と語る。ミラー監督の前作『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』でも製作を務めたデイモンとは息もピッタリだったようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >